北海道の魅力を伝えるショートフィルム「ふるさとからの贈り物」

[ジャンル]ショートフィルム
[尺・表現]9分54秒
・実写
[対応範囲]企画/構成/脚本/撮影/グレーディング/照明/録音/整音/MA立会/編集/オリジナルBGM作曲(外注)/演出/インタビュー/キャスティング/ディレクション/プロデュース

 

 

WORKS > KAZUHITO  TAKAZAWA

北海道の魅力を伝えるショートフィルムです。

 

あらずじ
東京で暮らす札幌出身のライターの斎藤(長尾寧音)は、雪深い冬の北海道を訪れ、2018年9月の震災を経験したFu’s roomを取材する。取材先の代表、藤崎さんの温かい人柄や、エシカル消費を目指し手仕事で作るサフォーク羊の革製品にふれ、彼女は故郷である北海道への想いを馳せる。

 

《 Creator Profile 》
KAZUHITO  TAKAZAWA映像作家/ディレクター)

映画的表現を取り入れ、企画から脚本、ディレクション、撮影・グレーディング、編集まで行ない、ドラマ性のある心に残る作品をコンセプトにワンストップのワークフローで制作しています。

業務内容:
1. デジタルフィルムカメラを使用した映像制作
2. カラーグレーディング
3. 無人航空機(ドローン)での空撮(全国包括許可承認済)
4. 写真撮影(スタジオライティングが可能)
5. 映像関連セミナー講師

プロフィール:
東京写真学園プロカメラマンコース研修科卒業。出版社のインハウスフォトグラファーを経て独立。デジタルフィルムカメラを使用した映像制作を行なう。監督した短編ドキュメンタリー「おだやか家 ODAYAKA-YA」(2016)、「おぶせびと」(2017)が2年連続で海外の映画祭で複数のWINNERを獲得。ハリウッドとロサンゼルスのレッドカーペットに正式招待された。シブヤ大学講師。

 

《 KAZUHITO  TAKAZAWA 》へのお仕事の相談、または動画/映像/CG/WEB制作を検討している企業様は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。一度当社プロデューサーからヒアリングをさせていただき、お客様に最適なご提案を差し上げます。

 

「ご相談・無料見積」のお問合せをする